PC管協会マーク Prestressed Concrete Pipe Association PC管協会
Home
PC管協会会員
PC管について
PC管の特長
PC管の構造
PC管の製造方式と工程
PC管の種類と規格
S形
C形
NC形
PC管の管種・基礎と許容土被り高図
PC管の外圧強度表
PC管の継手性能表
PC管の施工の様子
PC管のその他注意事項
PC管Q&A
管更生工法
PC管協会へのお問い合せ
PC管について
特 長  |  構 造  |  製造方式と工程  |  種類と規格  〈 S形 〉〈 C形 〉〈 NC形 〉 |
管種・基礎と許容土被り高図  |  外圧強度表  |  継手性能表  |  施工の様子  |  その他注意事項  |

PC管の種類と規格

 PC管は、日本工業規格(JIS)とPC管協会規格(PCPA)があり、表1に示すとおりです。2016年4月20日のJIS規格改正で、S形φ500とC形が削除され、NC形の呼び径範囲が変更されております。
PC管の種類
注)PC管はJIS A 5373-2016 推奨仕様D-1及び類に規定されるものです。
 S形 S形の規格のページへ  NC形 NC形の規格のページへ

表1 PC管外圧管の規格
規格名称 種類 形状・呼び径の範囲
S形 NC形
超高圧管 任意 ユーザーとの合意に基づいて設計製造
JISA5373U類に相当
JIS A 5373プレキャストコンクリート製品 付属書D-1 高圧
1種
1500〜2200
高圧
2種
1500〜2600
高圧
3種
1500〜3000
1種 600〜1800
2種 600〜2000
3種
4種
5種
PCPA-2 大口径S形プレストレストコンクリート管 1種 1800〜2000
2種 2100〜2400
3種
4種
5種
本体・継手の特長 継手部が深く、水密性に優れる。レベル2の地震動にも対応。標準有効長は4mと大口径の3.6m。 ヒューム管NC形と同形。
以前規格化されていたC形より継手部が深い。
レベル2の地震動にも対応。有効長は2.30m。
継手の形状 S形の継手の形状 NC形の継手の形状


本サイトに掲載の文章・画像・図面等の転載を禁じます。すべての著作権はPC管協会に帰属します。
(C)2002, Prestressed Concrete Pipe Association. All rights reserved.